できる女は綺麗にやせる!

有酸素運動と無酸素運動

効率良く痩せるには両方必要

ダイエットを目標通りに成功させるためには運動は必要不可欠です。
食事制限をして摂取カロリーを控えていても一時的に体重は減るかもしれませんが、その間のストレスはかなり大きなものになりますし、食事制限を辞めた途端にリバウンドする可能性が高いです。
やはりダイエットの王道は摂取カロリーを控えながら、運動をして消費カロリーを増やすことが基本になります。

ダイエットに効果的とされる運動方法は有酸素と無酸素という異なる運動があります。
それぞれの違いについて確認し、効率良くダイエットが成功できるようにしてください。

参考:有酸素運動と無酸素運動

有酸素運動について

有酸素運動はエネルギーを消費して痩せやすい体になるための運動になります。
体に溜め込んでしまった脂肪を燃焼させるためには有酸素運動が必要になります。

私達が生きるためには酸素が必要不可欠ですが、それは生命活動に必要となるエネルギーを生成するために酸素が必要になるからです。
有酸素運動を行って体の中に酸素をしっかり取り込むと、糖質や脂肪をエネルギーにして効率良く燃やして消費することができます。
エネルギーとして燃やすためには有酸素運動を最低でも20分以上続けなければいけませんので、無理のないようなスローペースで行うように心がけましょう。

有酸素運動の方法としてはウォーキングや水泳、サイクリングなど自分のペースで行うことができる運動方法がメインになります。
一日のうちに少なくても30分以上は有酸素運動を行う時間を確保して実践することをおすすめします。

無酸素運動について

無酸素運動とは完全に体の中に酸素を取り入れないという意味ではなく、酸素を多く取り入れないようにして筋肉に負荷をかける運動方法になります。
筋肉にはグリコーゲンと呼ばれる糖質が存在しており、酵素の働きによってエネルギーを生み出す力があります。
無酸素運動を行うことで疲労物質となる乳酸を溜め込まずに効率の良い運動が実現します。

ダイエットを目標通りに成功させるために重要なポイントになるのが、基礎代謝を増やすことです。
基礎代謝は特に何も体を動かしていない状態であっても失われていくエネルギーで、年齢を重ねるほど筋肉の量が低下していくため基礎代謝量も減ってしまい太りやすい体質になります。
つまり、無酸素運動をして筋肉の量をどんどん増やすことで基礎代謝を増やすと太りにくい体質を目指すことができると言えます。

無酸素運動は筋トレやダンベル運動など筋肉を意識した運動が中心になります。
有酸素運動のように長時間行わずに短時間でも十分な効果を得ることができる特徴があります。

このようにダイエットを目標に向かって成功させるためには余分な脂肪を燃焼させる有酸素運動と、基礎代謝をアップするための無酸素運動を並行して行うことが大事なのです。