できる女は綺麗にやせる!

美白の為のスキンケア

いつまでも透明感のある肌を目指す!

女性にとって透き通るような白い素肌の持ち主は憧れの存在ですが、年齢と共に肌のくすみが目立つようになり透明感のある素肌とは程遠いような肌へと変化してきます。
更にシミができてしまうと更に年齢を感じさせるような肌になってしまうため、日頃からしっかり美白ケアを心がけたいものです。
ここでは美白の為のスキンケアを行う方法をご紹介します。

紫外線防止

美白ケアの基本となるのは、紫外線による被害を最小限に食い止めることです。
紫外線は一年を通して降り注ぐものなので、最も紫外線量が多い夏に限らず常に気を使ってケアしなければいけません。
紫外線防止を実践するためには日焼け止め用のクリームなどをしっかりと塗るのが基本です。

日焼け止め用のクリームを使用する際に注意していただきたいのが、紫外線を防止する機能を見極めることです。
市販されている日焼け止めクリームのパッケージをよく確認してみると、SPFとかPAという記号が記載されています。
SPFに続く数字が大きくなるほど、またPAに続く+の数が多くなるほど紫外線を防止する機能が高くなるという意味を示しています。
それなら最初から防止効果が高い日焼け止めクリームを選んで使っていれば良いと考える方もいますが、それは大きな間違いです。

紫外線を防止する効果が高いものは肌にかける負担も大きくなるため、肌荒れを引き起こす可能性が高くなります。
そのため海水浴をする時や長時間屋外で過ごす時など紫外線の被害を最も受けそうなここぞという時に使用するようにしてください。
日常的に使用する場合には数値があまり高くないものを使用して肌に負担をかけないようにすることが大切です。

美白効果が期待できる成分

日焼け止めクリームを使用して紫外線の被害を食い止めようとしても、完全にシャットアウトできるものではありません。
少なからず紫外線の影響を受けている可能性が高いので、美白効果が期待できる美容成分が含まれた基礎化粧品を使用してケアすることが大切です。

紫外線の影響でメラニンができるのを抑えることができる成分として有名なのはカモミラETやアルブチン、コウジ酸など様々な美容成分が存在しています。
これらの美白効果が期待できる成分が含まれた基礎化粧品でケアすることで、シミの生成を予防できます。
しっかりケアしていたつもりでもシミができてしまったという場合には、メラニンの還元作用が期待できるハイドロキノンなどが含まれた基礎化粧品でケアを続けると良いと考えられます。

このように用途に応じて美白ケアに適した基礎化粧品を使い分けることが大事なので、現在の自分の肌の状態をしっかり見極めることが大切です。