できる女は綺麗にやせる!

ピーリングジェルでつるつるお肌

セルフケアの一つとして

肌のターンオーバーを妨げる原因となるのは、古い角質であることは間違いありません。
そのままにしておくと、肌の表面に蓄積し、さまざまなことを邪魔する存在となってしまいます。
化粧品の乗りが悪くなるのも、この古い角質のせいであり、なかなか浸透してくれないからです。

この角質は、いろいろな方法で除去することができます。
その中でもピーリングは、セルフケアとしても行うことができるのです。

古い角質を剥ぐピーリングジェル

ピーリングには、剥ぐという意味があります。
台所用品として使われるピーラーも皮をはぐものですから、感覚的には似ているといっていいでしょう。
角質が問題となってしまう、固くなってしまったかかとを軽石でこすったりするのも、ピーリングの方法の一つです。

まさか、顔を軽石でこすることはできませんので、専用のピーリングジェルなどを使う方法があります。
古い角質を除去するというと、なんだか強引なことに聞こえるかもしれませんが、皮むき器のようなものを使うわけではありませんので、心配することはありません。

使い方は簡単

ピーリングジェルの使い方は、とても簡単です。

10円玉程度をてのひらにとり、指につけてやさしくくるくると円を描くようにやさしく伸ばしていくだけ。
これだけで、毛穴の奥にたまった角質だけではなく、落としきれなかった化粧汚れも自然と浮き上がってくるのです。
後は、ピーリングジェルが残ったりしないよう、ぬるま湯を使いよく流し落としてあげます。

こすっている間には、カスのようなものが溜まっていくのが見えるでしょう。
これが、古く落としきれていなかった角質を含む汚れなのです。

肌にもほとんど負担をかけることなく古い角質を落とすことができますので、肌のターンオーバーを健全な状態に戻すことができます。
毛穴の汚れを落とせるということで、肌を清潔にすることができますので、ニキビ対策にも使うことができるのです。

肌の調子と相談して

ピーリングは、顔に使うだけのものではありません。
ボディ用のものも販売されていますので、同じように使ってくことができます。

エステでもピーリングは行われていますが、なかなかいくことができないこともあるでしょう。
子供がいたりする場合もそうですし、金額も安いわけではありません。

こういったセルフピーリングであれば、自分だけで行うことができます。
費用もそこまでかかるものではなく、エステに比べれば格段に安上がりです。
自分で予定を考え、空いているときに行うことができますので、エステに振り回されることもなく、肌の状態を改善することができます。

ただし、角質を除去しすぎれば、肌を守るバリア機能も低下させてしまいます。
頻度も書いてありますが、自分の肌の状態に合わせて使うことが大切です。

ニキビができているときなどは、無理に行うと悪化させてしまうこともありますので、無理して行ってはいけません。
あくまでも、自分の肌と相談しながら使うことが一番なのです。