できる女は綺麗にやせる!

肌ストレスをケアしよう

季節の変わり目に掛けてしまう肌ストレス

CRI_IMG_6016500_TP_V季節の変わり目というと、気分は明るくなったりしますが、肌はどうしても変化についていくことができなく荒れてしまったりすることがあるでしょう。
そうなると、せっかくの季節の変わり目であっても、気持ちが暗くなってしまうものです。
特に春先に肌荒れを起こしてしまうと、せっかくの季節感も台無しになってしまいます。

この春先の肌荒れは、冬の間の乾燥がかかわっていると考えることができるのです。
乾燥している空気の中では、肌も乾燥してしまい、バリア機能を著しく下げてしまっています。
その状況の中で、春になって過分やほこりにさらされるようになると、バリア機能が低くなってしまっているために、肌荒れを起こしてしまうのです。

生活的にも、冬と春では違いがあるでしょう。
環境なども変化しますので、肌ストレスが高まり、ターンオーバーも乱れてしまった結果、荒れてしまうことが出てくるのです。
こうなると、普段ではなんてことのない刺激も、肌にダメージを与えてしまうことにもなるでしょう。

肌に刺激を与えずストレスをためないように

乾燥肌になりやすく、肌の抵抗が落ちている季節の変わり目は、ケアも考えていかなければいけないでしょう。
ですが、敏感になってしまっている状態ですから、ピーリングなどを行うと過剰に反応してしまうこともあるのです。
そのため、できるだけ優しく、丁寧にケアをしていかなければいけないといえるでしょう。

方法としては、できるだけ手を清潔にしてスキンケアを行うことが大切です。
コットンなどを使うだけでも、敏感肌にはダメージになってしまうことがあります。
乾燥している状態ですから、できるだけたくさんの水分を与えるようにしていかなければいけません。

保湿クリームでカバーしていきたいところですが、あまりつけてしまうと毛穴まで埋めてしまうことになります。
これでは、ニキビができたりして、肌荒れを促進させかねません。
適度な量にとどめておくことが大切です。

クリームの中には界面活性剤などが含まれていないことも確認しましょう。
油と水が混ざりやすくなり、肌に直接刺激を与えてしまうからです。

ここが大切ですが、ターンオーバーを促進させすぎないということが大切になります。
ターンオーバーは、適度に進めていかなければいけませんが、あまりに促進させてしまうと、肌の成長に間に合わず、敏感な肌を露出させダメージを与え、肌ストレスにつながってしまうのです。

基本として、化粧品を使うことも肌の刺激となり、ストレスをためてしまうことになります。
あまりいろいろなものを使わず、効果を考えて最小限に抑えるといいでしょう。
そういった面では、なんでも使える化粧液はとても便利ですので、刺激の少ないものを選び使ってみてもいいでしょう。