できる女は綺麗にやせる!

普通のニキビと乾燥ニキビの違い

オトナニキビはどんな状況にできるか

大人でもニキビで悩む人はたくさんいます。
思春期のニキビとは、性質も発生のプロセスも異なりますが、肌のトラブルであるということには違いありません。
見た目の問題としても気になる大人ニキビですが、どんな時にできてしまうのか、その原因を知ることが一番の対策になっていくでしょう。

オトナニキビの場合、よく脂性の肌にできると思われています。
ところが、これはある意味で勘違いしている部分があるのです。
実際には、乾燥肌のほうが、大人ニキビができてしまうことがわかっています。

脂っぽい肌のニキビと乾燥肌のニキビ

ニキビというだけで、どうしても皮脂の多い肌にできるイメージがあるのは、清潔感に欠けているというイメージがあります。
しかし、ニキビの原因である皮脂が皮膚の中でたまってしまった時にできやすいという点を忘れてはいけません。
つまり、毛穴が詰まってしまうということが、オトナニキビの大前提にあるのです。

皮脂が多く分泌される人は、確かにニキビができてしまいます。
これも、清潔にしていないから、毛穴が詰まってしまう可能性が高いということが原因にあるからです。
それでも、清潔にしている分には、皮脂が肌を守ってくれるバリア機能も働き、マイナスになるというわけではありません。

では、なぜ乾燥肌にニキビができてしまうかが問題です。

乾燥肌の場合、肌の皮脂が少ないのが問題です。
バリア機能である皮脂がないために、肌の持つ水分が蒸発していってしまいます。
その分肌は収縮し、毛穴も細くなっていってしまうのです。

そうなると、毛穴から分泌されるはずの皮脂は外に出られなくなり詰まってしまいます。
結果として、これがオトナニキビになってしまう乾燥ニキビのプロセスなのです。

どちらも皮脂が詰まってしまうという結果は同じですが、プロセス的には全く別で、乾燥ニキビのほうができやすい状況にあるといえるでしょう。

清潔にして保湿性を高めることが効果を上げる

どちらにしても、肌を清潔にし、毛穴のつまりをなくすことが大切です。
特に乾燥ニキビの場合には、皮脂が出なければいけないのに、皮脂が詰まってしまっています。
乾燥肌と乾燥ニキビの2つに悩まされることになる悪循環がまっているのです。

そこで、乾燥肌の状態を解決させるため、たっぷりと水分補給をさせなければいけません。
さらに、水分が出ていかないように、クリームなどで保水性を高めることができれば、ニキビも一緒に解決することができるのです。

ただし、クリームなどに界面活性剤が入っていると、水分と油分が混ざり合ってしまい、角質層を傷めてしまう可能性があり、肌を傷めることにもつながります。
ノンオイル系のローションなどを使ったりすることで保湿する方法も、乾燥肌と乾燥ニキビに効果を上げることができるのです。