できる女は綺麗にやせる!

乾燥予防のスキンケア

お肌の大敵の季節も負けないケアを!

冬になると空気が乾燥するのはもちろんですが、室内の空気も暖房の影響で乾燥しやすくなるため、お肌にとっては最悪の環境になります。
この状態で長時間過ごしていると、いつもと同じスキンケアではあっという間に乾燥肌になって肌トラブルが続出する原因になります。
肌の乾燥を防ぐことが、健康的な肌を守る基本になることを忘れずに、乾燥予防のスキンケアを実践しましょう。

朝の保湿ケア

日中過ごしている間に周囲の乾燥に負けないためにも、朝のうちからしっかりと保湿ケアを実践してください。洗顔後は化粧水で潤いを補給してから乳液やクリームで潤いを保持してください。
冬はできるだけ保湿力の高い基礎化粧品を選ぶようにするのが基本で、特に保湿クリームは必須アイテムです。

日中の保湿ケア

仕事中などでも乾燥が気になる部分には定期的に保湿ケアを行って下さい。
メイクの上からでも使用できるタイプの保湿液を持っていると便利です。
特に乾燥しやすい目元や口元などには1時間から2時間おきに付けると効果的なので、トイレに行く際などに合わせて持ち歩くようにして定期的に潤いを与えるように心がけてください。

注意するべきなのが、化粧水をスプレーして潤いを補給するという方もいますが、この方法では保湿力を発揮することはできません。
一時的には潤っているような印象を受けるため効果的なように感じられますが、メイクの上から水分を補ったとしてもメイクの油分に弾かれて蒸発するだけなのであまり意味がありません。
むしろ逆に水分を失わせてしまう原因にもなりかねないので、スプレータイプは使用しない方が良いです。

空気が乾燥している室内で長時間過ごしているのはあまり良くないので、室内に加湿器を稼働させて適度な湿度を維持することもおすすめです。
広い室内に加湿器を数台置いているだけでは不十分という場合もありますので、自分の近くに置くだけで適度な潤いを維持できるようなミニ加湿器を用意しておくのもおすすめです。
もしなければ自分の近くにハンカチやタオルなどを濡らして置いておくだけでも効果的です。
適度な湿度を保つことにより肌の乾燥も防ぐことにもなります。

夜の保湿ケア

日中のメイクを確実に落とした後には、一日の疲れを癒やすためにしっかりと保湿ケアを行って下さい。
夜眠っている間にターンオーバーを促して新しい皮膚の再生を促すためにも、肌の乾燥は絶対に避けなければいけません。
適度な潤いがなければターンオーバーができないので、しっかり保湿ケアを行うように心がけてください。
眠っている間に美容成分を補うことができるように美容液を使用したり、定期的にパックを行うようにすることもおすすめです。