できる女は綺麗にやせる!

乳液の選び方

肌質に合わせることが大事

スキンケアの必須アイテムとして使われる乳液の役割としては、お肌が適度な水分を保持できるように保湿効果を強化するために使用します。
乳液には適度な油分が含まれているため、化粧水で補給した水分を逃がさないようにする役割もありますし、お肌を柔らかく滑らかに仕上げる役割もあります。
乳液を使用する際には個々の肌質に合わせて最適な商品を選ぶことになりますが、改めて正しい乳液の選び方を実践することが大切です。

参考:カサカサお肌の人は必見!乳液の正しい選び方

オイリー肌の場合

余分な皮脂が分泌されている状態のオイリー肌は乳液の選び方を間違えると更に肌質が悪化するおそれがあります。
特に注意したいのは皮脂が多く分泌されているおでこから鼻にかけてのTゾーンです。
元々皮脂が多く存在している部分に乳液を付けてしまうことで更に多くの油分が加えられるため場合によっては皮脂が詰まる原因を引き起こしてニキビができやすくなるのです。

オイリー肌の方が乳液を選ぶ際に注意したいのは、あまり油分が含まれていないさっぱりタイプを選ぶようにしてください。
オイリー肌向けの乳液は油分が少ないため使い心地がとても軽いという印象を受けます。
ベタツキ感も少ないので使用感がかなり良いと感じやすいです。
実際に自分の肌に使ってみて使い心地が良い商品を選ぶようにしてください。

乾燥肌の場合

乾燥肌の場合は適度な水分が失われやすいまたは既に失われているという状態なので、とにかく保湿力が高い乳液を選ぶのがポイントです。
油分が多い乳液を使用することになりますが、使用していても肌のカサつき感が改善される様子がないという場合には乳液では保湿力が不十分な可能性もあります。
乳液をしばらく使ってみて肌質が変わらない場合には、乳液の代わりに更に油分が多いクリームを使用するようにしてください。

乾燥肌から敏感肌へと悪化している方の場合は肌の水分を保持する役割を果たすセラミドが極端に足りなくなっていることも考えられます。
この場合はセラミドが配合されている乳液を使用すると効果的ですが、更にクリームを使って蓋をすると保湿力が更にアップします。
乾燥肌や敏感肌を改善するためには、保湿力の高さがカギを握ることになります。

油分のバランスが大事!

乳液を選ぶ際には自分の肌質がどの状態なのかを見極めながら最適なタイプを選ばなければ、せっかく乳液を使っていても意味がないだけでなく、逆効果になってしまうことを覚えておきましょう。
特に油分のバランスが大事で、余分な油分が多いと毛穴の詰まりが生じる原因になりニキビを発生させたり毛穴の黒ずみを引き起こす可能性があります。
最近肌にこのようなトラブルが増えてきたと感じる場合は乳液が合っていないことも考えられます。