できる女は綺麗にやせる!

アトピー肌向けのスキンケア

正しい知識とケアが必要

自己流でのスキンケアが非常に難しいと言われているのがアトピー肌の方です。
できるだけ副作用の強い薬は塗りたくないのに、間違ったスキンケアを続けていた結果アトピー肌が悪化して強い薬を使わなければいけなくなることも多いです。
悪化を防ぐためにも必ず専門医に相談しながらケアを続けるのが基本となりますが、ここではアトピー肌向けのスキンケアとして注意したいポイントをご紹介します。

基本を忠実に守る!

アトピー肌のスキンケアでは基本的なスキンケア方法を忠実に守ることが大切です。
これ以上悪化させないためにも正しい方法を守ってスキンケアを行うようにしてください。
まず大事なことはしっかり保湿を行うことで、アトピー肌の方は肌の潤いをしっかり保つために必要とされるセラミドが足りなくなる場合が多いため適度な潤いを保持できない方が多いそうです。
潤いを逃さないためにも、保湿効果の高いクリームなどを塗布するようにしてください。

もう一つ大事なことが肌の清潔さを保つことです。
汗をかいたまま放置していると雑菌が繁殖して肌に刺激を与えるきっかけを作ってしまいます。
頻繁に顔を洗う必要はありませんが、汗をかいてしまった時にはこまめに拭き取るようにして必要に応じて洗顔を行うようにしてください。
洗顔を行った場合には速やかに保湿ケアを行ないましょう。

最後に忘れてはいけないのが、どんなに痒くても絶対に掻かないことです。
アトピー肌に発生する痒みは尋常ではなく、本当に耐えられないくらい強い痒みを感じます。
痒みを我慢できずに引っ掻いてしまうと傷から菌が入り込んで更にダメージが大きくなりますし、更に痒みが増して収集がつかなくなります。
痒みを抑えるためには保冷剤などで冷やすと痒みが和らぐでしょう。

保湿ケアの注意点

アトピー肌の方が保湿ケアを行う際に注意したいのが、皮膚科医から処方されている薬がある場合にはきちんと医師の指示通りに使用してください。
皮膚科医は肌の状態を見極めたうえで必要になる薬をきちんと処方しています。
特に状態が悪いと判断するとステロイド剤と呼ばれる薬が処方されますが、副作用を恐れてきちんと使用せずに自己流の保湿ケアを行う方もいます。

副作用を恐れる気持ちも理解できますが、アトピー肌の場合は状態が悪くなるとすぐに悪化しやすいため、きちんと医師の指示に従って悪い状態を良い状態に戻してあげるのが先決なのです。
どうしても不安を感じる場合は医師に相談をして、適切なスキンケアについて確認してください。

基本的なスキンケアをしっかり守っていればアトピー肌の方も状態が良くなってきます。
キレイな素肌を目指すためにも、専門医と相談しながら地道にスキンケアを続けてください。