できる女は綺麗にやせる!

産後の食事制限

一日も早く体型を戻したい!

妊娠をした女性は定期的に病院で健診を行う必要がありますが、その際には必ず体重測定を行ないます。
赤ちゃんが成長するのに従ってママの体重も増えていくのは当然ですが、想像以上に体重が増えてしまい焦りを感じる方も多いはずです。
思うように体を動かすこともできず、お腹の赤ちゃんのために必要な栄養を補給しなければいけないので、ママの体重が増えてしまうのはある意味仕方のないことで、許容範囲内であれば全く問題がありません。

出産を終え、これから妊娠前の体重に戻そうと意気込む方も多いですが、子育てをしながらダイエットに挑戦するのは難しいかもしれません。
そこで産後の食事制限をしてダイエットを実践する方法をご紹介します。

必要な栄養はしっかり補給する

産後に食事制限を行う際に十分注意していただきたいのが、摂取カロリーは控えてもしっかり栄養バランスを考えた食事内容にしてください。
食事制限を実施しているとどうしても栄養バランスが崩れて偏った食事内容になる方が多いのですが、自分が出産直後の母親であることを忘れてはいけません。
出産で疲れきっている体力を回復するためにも、赤ちゃんの成長に必要な良い母乳を作るためにも栄養バランスのとれた食事をしっかり摂ることが必要になります。
そのためにも、出産を終えてすぐに食事制限を開始するのではなく、少なくても体力が回復してくる産後1ヶ月後を目処に開始してください。

一汁三菜を意識

食事制限といっても、できるだけ摂取カロリーを控えるのが目的なので栄養バランスを考えた食事内容にするべきです。
日本人の食事は昔から一汁三菜という食事内容が基本とされていますが、実はこれが栄養バランスを考えた食事内容を考える際にはわかりやすい内容なのです。
味噌汁や野菜スープなど必ず汁物を食事メニューに加え、野菜や海藻などを中心にしたおかずを用意します。
お肉や魚、大豆製品などタンパク質もしっかり補うようにしてください。

また、ご飯は白米よりも玄米にした方が栄養価も高くて満腹感を得られるのでおすすめです。
玄米には白米には存在していない栄養素が含まれており、食事制限をしている際に不足しがちな栄養もしっかり補給できます。
白米よりもしっかり噛まなければ消化しにくいため、よく噛んで飲み込む癖が身につくことで自然に満腹感が得られるのです。

避けるべき食品

食事制限中はできるだけカロリーが高い食品は避けることが大切です。
脂っこい料理や塩分の高いものはできるだけ避け、甘いものも口にしないようにしてください。
時々ご褒美的に食べる程度なら問題ありませんが、毎日のように口にするのは問題です。
また、添加物が多い加工食品についても赤ちゃんの健康を考えて避けるようにしてください。