できる女は綺麗にやせる!

長いもの美容効果

滋養強壮にも効果のある長いも

ねばねばの食べ物は健康にいいといわれ続けてきました。
その中でも、長いもは代名詞ともいえるほど体にいい食材なのです。
健康のためにも、美容のためにも、認識を改めてみる必要があるでしょう。

長いもは、日本では縄文時代から食べられてきたことがわかっています。
中国では、山の薬とまで言われていたほど効果があるといわれてきました。
日本では、山のウナギと呼ばれ、滋養強壮効果で知られているでしょう。

長いもというと、いろいろな種類が頭に浮かぶはずです。
自然に生える自然薯は、掘るだけでも大変なことで知られています。
粘り気があることから、とろろとして食べるのには最適なのが、山いもとも呼ばれる大和イモで、もっと水分が多いのが、長いもと分けることができるのです。

びっくりするほど多彩な栄養

まず、注目されているのは、酵素が豊富であるということでしょう。
人間の体の中には、さまざまな酵素が働いていますが、その酵素を補うことは、美容にも健康にも効果があります。
体の様々な働きを助けてくれる大事な栄養素といえるでしょう。

最近注目されてきているムチンも豊富です。
ねばねばの成分の中心となる栄養素ですが、タンパク質の吸収を高め、疲労回復を手伝ってくれます。
そのため、長いもを食べると、滋養強壮に役立つといわれているのです。

ほかにも、カルシウムやカリウムも含まれており、ビタミンB1やビタミンCまで豊富ですが、問題なのはビタミンCやムチンは熱に弱いということでしょう。
加熱してしまうと分解してしまいますので、生のまま食べるようにすることがポイントです。
出しを掛けたりして、熱を加えるだけでも壊れてしまいますので、注意しましょう。

長いもには、痰を除去するといわれている効果があります。
食べ方としては、蒸し焼きにした上に砂糖を掛けるといいといわれていますので、風邪を引いた時などには、消化にもよく胃にも優しい食べ物として作ってみてもいいでしょう。

胃腸にも優しい食材

美容面を考えてみると、長いもには食物繊維が豊富であり、腸内環境も酵素で整えてくれるため、肌の調子を改善してくれる働きがあります。
便秘を解消することができれば、栄養の吸収もよくなりますし、肌にも好影響を与えることができるのです。

もう一つ重要な栄養素として、ジオスニゲンというホルモンがあります。
長いもの持つ効果として、美容に影響を与えている栄養素で、若返りホルモンとまで呼ばれているのです。
現在、かなり研究が進み、アルツハイマー病の改善にもいいのではないかと発表されており、今後の研究が期待されています。

長いもには、本当に多くの成分が含まれており、胃腸に優しいことからも、調子を崩してしまったときにはぴったりの食材になるのです。
肌荒れなどにも対処できることからも、うまく使っていくことができれば、素晴らしい食材となってくれるでしょう。