できる女は綺麗にやせる!

ダイエットと停滞期

体重が落ちにくくなる期間がある

ダイエットを続けている方で「急に体重が落ちにくくなってしまった」という方も多いようです。
この「体重が落ちにくくなった」時点で挫折を感じてしまい、ダイエットが終わってしまうという方が多いのではないでしょうか。

ダイエットを成功させるには「停滞期」をしっかり把握する事が大切です。停滞期とは、
自律神経の働きで「これ以上体重を減らさないために体が反応する、防御機能が働く」と考えるとよいでしょう。
この停滞期を上手に乗り越える方法は、一つだけです。

体重を維持させることに努力するという点です。ダイエット法の実践は8割程度に抑えます。
体重が減らないから、より激しいダイエット法の実践に移行する方もいますが、
体が体重を落とさないために防御をしている状態になるので、脂肪を蓄積しやすい状態になっています。

この状態で食事をすると、リバウンドしやすい体質に変わってしまうのです。
体重維持のために3食規則ただしい食事、ただし、摂取カロリーは多少控えることです。
質の良い睡眠を保つことなどで、再び痩せ期に突入することをじっくり待ちましょう。

この停滞期は必ず終わりがあります。
個人差があるので、何とも言えませんが、1か月前後の期間だと言われています。

停滞期を知ろう

人の体は、痩せ期と停滞期を繰り返すと言われています。
毎日体重をしっかり計り、グラフなどに記しておくと何となくながらも、停滞期を把握することができるでしょう。
女性の場合、停滞期の他、女性のカラダリズムの変化で痩せにくくなる日も出てきます。
排卵期から月経までの間は、痩せにくくなると言われています。

ホルモンの影響で肌荒れがおきたり、食欲が増したりすることもあります。
イライラが募ってダイエットどころではなくなるという方もいらっしゃいます。
PMS(月経前症候群)の症状でダイエットが挫折しやすい、太りやすくなってしまうなどの
弊害がある場合には、婦人科医に相談をし、PMSの治療を模索していくとよいでしょう。

また自分自身のカラダリズムを把握することで痩せやすい日、ダイエットを小休止する日、停滞期に突入したなど、
ダイエットに関するタイミングも大体分かるようになってくるようですよ。

停滞期の時には、消化を促してくれるダイエットサポートサプリメント等を摂取することをおすすめします。
酵母菌などが配合されて腸内環境を高める働きがあるものなどは、停滞期に起こりやすいポッコリお腹の原因を
解決してくれることもありますので、食事はいつも通りでもスムーズな毎日を送れるようになります。